京都・上賀茂の陶芸1日体験教室トポスのブログです


by topos-ibasyo

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アトリエ トポス便り

もう11月が目の前。


当ブログ、あまり確認してないので時々誤字脱字がある気がしますが。
今は深夜2時9分。


何か伝えたいことがあるわけでもないのにブログ更新。
去年の今頃を思い出しながら更新。
去年のことなんて忘れてしまった。

頭の中の記憶を日々更新。


最近読んだ本(漫画)は、二冊。
益田ミリさんの、今日の人生、沢村さん家の久しぶりの旅行。
京都新聞に益田ミリさんの話が掲載されていて面白かったんで、
本屋で手にしました。
面白い絵。
シンプルな四コマ。
なにか心にゆっくりと染み込んでいくような漫画でした。


あっ、それと。
もう一冊。

時代物?武士もの?購入したんです。
のんびり寝る前に読み進めます。

読書の秋ですかね。



当ブログにお立ち寄りくださってありがとうございます(^-^)


アトリエ トポス







[PR]
by topos-ibasyo | 2017-10-27 02:43

アトリエ トポス便り

ラムネをポリポリ食べながらブログ書き書き。

今回のブログは数年前の旅の思い出。
バルセロナに行った時の思い出。

僕は陶芸家。
いつか海外で展覧会がしたい。
そんな思いを胸に秘めて、トランクの中に作品を入れてバルセロナに行きました。
手当たりしだいにバルセロナのギャラリーをまわろうと思ったんです。
そして本場のサッカーをみたかったんです。

バルセロナのギャラリーは10軒ほどまわりました。
片言の英語で展覧会をしたい思いをぶつけてまわったんです。
なかなか楽しかったです。
その話はまたいつか。



その話以外には、窃盗にあって財布の中のお金を全部盗られて、
完全に元気がなくなった数時間後、
わけわからない出会いからFCバルセロナBチーム(Bチームとあなどるなかれ、凄いチームでした)の
試合を観戦することができ、その流れからスペインリーグトップチームの試合を観戦できてました。
窃盗にあってしまって元気0%からスペインサッカーを120%堪能できた旅行でした。
ホテルフロントに預けていたパスポートどこへ行った!事件もありました。


キーワードは「自由な一人旅」かも。

バルセロナ滞在ナカビ、僕は余裕を持ちすぎていました。
治安が悪いことを忘れていました。
地下鉄内で窃盗?スリ?にあったんです。えげつない大胆なスリでした。
お金を全部盗られました。
元気0%です。
テンション0、元気0でFCバルセロナのカンプノウに行ったんです。

元気ないです。スリにあってひどいショックです。
とりあえずタバコを吸いたくなりました。
ライターがないです。
たまたま目の前の日本人にライターかしてください。と言いました。
その人も一人旅の男性でした。
スリにあった話をしてサッカー好きな話をしたら、
「今からバルセロナの試合見に行きますけど、一緒に行きます?」と僕に言ってくれたんです。

えっ!
今出会ったのに試合一緒に見に行きます?って。
もちろん行いますと。即答。
どこの誰か知らない人にサッカー観戦を誘われて即答で「YES」という僕。
お金ないのに誘ってくれる優しい人。

早速、試合観戦に移動です。
ちょっとした出会いから本場サッカー試合観戦です。

その試合後、その優しい人は「今からスペインリーグの他の試合あるから一緒に行きます?」とお誘いが。
もちろん即答でYESです。
スリにあったことなんて吹っ飛んで元気120%の僕になりました。

本場のサッカーを堪能できたんです。
スタジアムの雰囲気が凄かったのを覚えています。
スタジアム全体がサッカーを楽しんでいました。
ライター貸してください、からサッカー観戦を二試合できるなんて。
幸せ、でした。
その方とはその後お礼を言ってお別れしました。
今も年に一度展覧会に足を運んでいただいています。







サッカーを観戦した夜、ホテルの最寄りの警察署に被害届を出しに行きました。
警察官が僕に言いました、
「被害にあった時の状況と犯人の人相を教えてくれ」と。

僕は思いました。

英語話せないのに、スペイン語で説明するのも無理。と。
でも片言の英語で被害届出せました。
何となるものものです。


当ブログを読んでくださってありがとうございます(^-^)

アトリエ トポス。


















[PR]
by topos-ibasyo | 2017-10-13 03:03

アトリエ  トポス便り

秋。
深夜、あれやこれやとフワフワと思いをめぐらす。
そんな中での東京滞在での出来事を思い出しました。
今年の春、東京に行きました。

東京宿泊翌日、チェックアウトを済ましてJR某駅に向かいます。
なんとサラリーマンさんの川があったのです。
サラリーマンさんの川を見たのは初めてでした。
大河でした。


僕が歩道信号待ちをしていた反対の歩道信号待ちをしている方はサラリーマンさん達で溢れかえっていました。
信号が青のなり横断歩道を歩きたくても前方から押し寄せてくるサラリーマンさんの量が多すぎて、僕は
端へ端へと追いやられるのです。しょうがないです今から出勤する企業戦士として働いておられる方の前進を妨げるわけにはいかなので。
僕は適当に起きて適当に電車に乗る人ですから。



ホテルからの最寄りのJRの駅の構内でもサラリーマンさんの川が流れいました。
驚きの光景でした。



電車に乗ると通勤ラッシュでした。電車に乗ると身動きできず。
上野で下車したいので開くドアの前に移動したい、とフッと思ったのです。
しかし車内を満員。移動ができない。

僕の隣に立っていたサラリーマンさんに尋ねました。
上野では左右どちらのドアが開きますか?
答えは、昨日名古屋から来たので全く知りません。でした。
えっ!みんなすまして電車乗ってるけど東京人少ないかも・・・。と思いました。

しかしなんと!しばらくして、その名古屋から来ていると言った人が、
「上野ではドアは左が開きますよ」と教えてくれたのです!
その人は、スマフォで、JR上野、電車、ドア、開閉、などで検索してくれて、
僕が知りたかった左右どちらのドアが開閉するか教えてくれたのです。

なんと優しい。
シーンと静まりかえってガタゴトと揺れる音しか聞こえない、
人間がこの中にはいるのか?と若干思う通勤ラッシュの電車の中。
そんな中で、意思を通じあえたなんて。



上野駅に着いて、その名古屋からこられた方に耳元で僕は言いました。
「今度飲みに行きましょう。生ビールおごります」と。
その人は笑顔でした。

なぜなら、
もう一生会うことない時間をすごしたから。


土をこねるしか能のない僕にとって、
サラリーマンさんの頑張っておられる日常を見れた貴重な時間でした。



当ブログ、お立ち寄りくださってありがとございます。

アトリエ  トポス









[PR]
by topos-ibasyo | 2017-10-03 03:41